IPoE接続(IPv6)

IPoE方式

IPoE方式について

従来のインターネット接続方式であるPPPoE方式は混雑しやすいというデメリットがあります。
新しい接続方式であるIPoE方式は混雑しにくいという特徴があり、快適な通信が実現しやすくなります。
SNIが提供するIPoE方式はデュアルスタック(IPv6 over IPv4)方式でありIPv6・IPv4どちらにも対応するため、新しい接続方式による快適な通信が可能となり、IPv6通信に対応していないIPv4環境への通信も問題なく可能です。


IPoEイメージ図

IPv4とIPv6について

インターネットに接続しているパソコンやスマートフォンといった機器には、IPアドレスというインターネット上での住所の役割を果たす番号が割り当てられています。
このIPアドレスを利用してインターネット上で通信するためのルールとしてIPv4とIPv6が存在します。
従来はIPv4を利用してきましたが、番号として割り当てるIPアドレスが不足してきたため、新しくIPv6が設けられ、現在のインターネット上ではIPv4やIPv6が利用されています。

IPoE方式をご利用いただくには

IPoE方式に対応するフレッツ回線や同じくIPoE方式に対応するルーターが必要になります。

SNIのIPoEサービスに対応するフレッツ回線 NTT東西の「フレッツ光ネクスト」、「フレッツ光ライト」の各サービスをご契約いただくことで、SNIが提供するIPoEサービスがご利用可能です。
SNIのIPoEサービスに対応するルーター 各メーカーによる動作確認ルーター一覧表
※アルテリア・ネットワークス社が提供するIPoEサービス(クロスパス)に対応する機器が該当します。

重要事項説明書

重要事項説明書ダウンロード

ご利用できない通信について

SNIのIPoEサービスのみのご利用の場合、外部からの発信で宅内に接続する通信がご利用いただけない場合があります。
※IPoE+固定IPアドレスのサービスをご契約いただければ、ご利用可能です。

SNIのIPoEサービスのみのご利用の場合、お客様側の特定のポートを指定するような通信サービスはご利用いただけない場合があります。
※IPoE+固定IPアドレスのサービスをご契約いただければ、ご利用可能です。

IPoEサービスの詳細や、お申込みについて

その他の注意事項、及び金額などの詳細はSNI事務局までお問い合わせください。



ページTOPへ ▲